戦前の北九州

旧5市の特色や、活気のあった市民の暮 らし、戦前の北九州の繁栄と小倉と軍の関わりを紹介。小倉陸軍造兵廠をリアルに再現するプロジェクションマッピングは 必見です。

カメラ

昭和初期に使用された国産カメラ(オリンパス製)

小倉工廠開庁記念灰皿

小倉工廠の開庁記念で作られました。

戦争と市民の暮らし

当時の一般的な家庭の暮らしが分かる 再現展示や、子どもたちの生活等が分か る実物資料を展示しています。日々の暮らしが戦争と隣り合わせにあったことを実感することができます。

千人針

出征する兵士の武運長久を祈念し、家族や関係者が女性たちに頼んでひと針ずつ縫ってもらいました。

国策湯丹保

金属製品が供出され、金属が不足したため、陶器で湯たんぽの代用品が作られました。

広がる戦争と空襲

広がる戦争と空襲

広がりを見せる戦争被害や、市民を襲う空襲にまつわる資料などを展示していま す。当時の写真をはじめ、焼夷弾の実物大の複製など貴重な資料を実際にご覧いただけます。

B29エンジン部品

昭和20年5月27日に関門海峡で機雷投下作戦を行っていたB29が日本軍の対空砲火によって墜落しました。この部品はその時のB29のエンジン部品です。

携帯型サイレン

空襲警報の届かない地域で使われた手動式のサイレン。

終戦の混乱と戦後復興

旧5市が復興の歩みを進める姿を映像等で紹介。再び発展し、北九州市が誕生する‘‘まち’'の移り変わりを知 ることができます。

小倉大博覧会パンフレット

昭和35年に開催された博覧会のパンフレット。会場図内に見える小倉城はこの博覧会に合わせて再建されました。

運命の昭和20年8月8日・9日

運命の昭和20年8月8日・9日

ダイナミックな360度シアター 。昭和20年8月 8日の八幡大空襲、翌9日原爆を搭載した爆撃機が小倉上空に飛来した後、長崎に向かった出来事を、今までにない臨場感で追体験することができます。