北九州市平和のまちミュージアム
  • 営業時間 9:30 ~ 18:00
    入館は 17:30 まで

    学芸員日記

    家族の思い出を遺す ~収蔵品展開催中~

    2024/01/12

    No.80 令和6(2024)年1月12日

     新年初回の学芸員日記です。本年も、平和のまちミュージアムをどうぞよろしくお願いいたします。
     さて、平和のまちミュージアムでは現在、「あなたに語り継ぐ、北九州の思い出 ―令和5年度収蔵品展―」を開催中です。本展では、新たに寄贈された資料を基に、戦前から戦後の時代を北九州で過ごした、それぞれの家族の「思い出」を紹介しています。

     企画展のタイトルにはいつも頭を悩ませますが、今回の「あなたに語り継ぐ、北九州の思い出」というタイトルは、昨年夏に来館された年の離れた2人組の女性がきっかけになっています。
     そのうちの一人、ご年配の女性は、一つ一つの資料をじっくり見ながらしばしば考えるように立ち止まり、一方の若い女性に何かを語りかけていました。そして、その若い女性は、隣でご年配の女性を支えつつ、真剣な眼差しで熱心に話を聞いていました。その姿がどうにも気になって声を掛けると、八幡大空襲でご自身と父親以外の家族4人を亡くされたという方と、そのお孫さんでした。
     その日、被災を免れた金庫をお持ちだということで、拝見しました。本人以外は価値のないものだと思い、処分するつもりでいたところお孫さんから止められ、いずれはお孫さんが引き取ることになっていたそうです。後日、その他にも八幡大空襲で怪我を負ったお父様の診断書や、戦後の様子が所見に記されたご自身の通知表などもお持ちいただきました。お孫さんにとっても大事な家族の思い出の品を、ミュージアムで活かしてもらえるならとご寄贈いただき、市民の記憶を遺していく学芸員としての使命を改めて噛みしめた出来事でした。
     このほか多くの方々にご協力いただき、今回の収蔵品展を開催しております。この場を借りて、御礼申し上げます。ありがとうございます。
     14日(日)には、学芸員によるギャラリートークも開催します。皆さまのご来館お待ちしております!

    (学芸員M)

  • 月間アーカイブ

    • 2024 (5)
    • 2023 (37)
    • 2022 (47)